哀愁旅館きたぐに

2014年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2014年06月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年05月
ARCHIVE ≫ 2014年05月

ゾンビツイスト取り置き予約等(2014春GMについて)

ゲームマーケット2014春にて出品予定の『ゾンビツイスト』取り置き予約の受付を開始いたします。

ご希望の方はarkitaguni@inter7.jpまで、
・取り置き希望の旨
・お名前
・任意の数字を一つ(いわゆる「騙り」防止のため)
以上3点をお送りください。

当日頒布価格は1000円です。

また、予約いただいた方もご連絡なく当日15時までに当ブースへいらっしゃらなかった場合
キャンセルとさせていただく場合もございますのでご了承下さい。

予約はゲームマーケット前日の5/31までとさせていただきます。
なお、取り置き予約は50件受付けた時点で締め切らせていただきたいと思います。

よろしくお願いいたします。


そしてもう一点。

今回は会場特典がございます!!

会場にて萌札をご購入いただいた方、もしくは以前に萌札をご購入いただいた方(ゲームマーケットでなくても構いません)
に先着で、萌札の追加札を差し上げます!

以前ご購入いただいた方は萌札の箱をお持ちくだされば結構です。
ただし、ふたの裏等にこちらでスタンプを押させていただきますのでご了承下さい。

内容は、各属性から1枚の計4枚!
何が書いてあるかは・・・もらってからのお・た・の・し・み(はぁと
キモイとか言わないで


あ、最後に一点。
5/25秋葉原のイエローサブマリンRPGショップさんで開催されるゲーム体験会に参加いたします。

ゾンビツイストはプレイは出来ませんが・・・申し訳ありません。
萌札やってみたいけどなかなか機会がない!とか
一体どんなアホが作ったんだこのゲーム!とか
べ、別に他のゲーム見にきただけだし!とか
みなみな様のご参加をお持ちしております。



それでは、よろしくお願いいたします。

ゾンビツイスト その2(ゾンビカード)

こんばんは!哀愁旅館きたぐにです!


前回はゾンビツイストの基本的なルールについて説明させていただきましたので、
今回は特殊な扱いのカードについて説明させていただきます。


ゾンビツイストのカードは通常、「体の部位」+「動作」が書かれています。
それを各々が場に出していき、相手の行う動作を増やしつつ自分はカードを消化していく。
それが基本的なゲームの流れでした。

今回ご紹介するのは、特殊な効果を発揮するカード。
その名も、「ゾンビカード」です。
絵柄はこんな感じ。
001blog.jpg
このゾンビカード、使い道は二つあります。

①オールマイティカードとして使えます。

  他のプレイヤーから順番が回ってきたときこのカードを捨てることで、
 どんなカードが出されていても受け流すことが出来ます。便利!


②ゾンビカードとして使えます。

   ゾンビカードを最初に場に出すカードとして使用した場合、他のカードの場合と同様に
  次のプレイヤーはそのカードを得るか、受け流すかを選択します。
   ただし、受け流すことが出来るのは同じくゾンビカードを捨てることが出来た場合のみです。
  通常のカードでは受け流せません。そして、ゾンビカードを得ることになったプレイヤーは何をするかというと・・・

  ゾンビの顔まね&声まねをします。
  ・・・なに、どういう風にすればいいか分からない?じゃあカードの絵柄の真似をしろ。

例えば、前回紹介した「手を上げる」・「腰を回す」・「ヒザを地につける」。
ゾンツイ図解1
これがさらにゾンビカードを得た場合・・・
ゾンツイ図解2blog
こうなります。自分がこれだと思うゾンビを演じましょう。
もちろんゲームが終わるまで継続ですよ。


また、ゾンビカードには今回のカードのほかに「リバース」・「スキップ」効果のあるものもあります。
それらのカードは上記の①・②どちらとして使った場合でも効果を発揮します。


以上。特殊カードの紹介でした!
よろしくお願いします!

あ、近日中に当日取り置き予約についてもお知らせしたいとオモイマス・・・

ゾンビツイスト その1(基本ルール)

皆さんこんばんは。

今回は前回お知らせした新作「ゾンビツイスト」について概要・基本的なルール等について
ご説明したいと思います。
blog用ぞんつい


説明!

ゾンビツイストは、体の各部位とアクション(回す、上げるなど)が書かれたカードをプレイヤー同士で押しつけあうゲームです。カードを押しつけられるたびにアクションは増え、あなただけのゾンビ・ダンスができあがっていきます!
手札がなくなったプレイヤーから「上がり」となります。負けたプレイヤーはお立ち台でフィーバー☆タイムです!
人数:3~5人 時間:10分程度 対象年齢:7歳~


以上です。

なんのこっちゃ、という感じですね。すみません。
もう少し細かい説明をしますね。

まずはカード紹介から。

004blog.jpg

基本的には一枚のカードに「体の部位」と「動作」が書かれています。
上のカードであれば「ヒザ」「地につける」ですね。
このようなカードを押し付け合い、相手の行う動作を増やしつつ、
自分の手札を早く消化して行くことがゲームの目的となります。
( ´ノД`)<ちなみに部位ごとに異なるゾンビさんの絵柄になってるので分かりやすい・・・はずです


続いて大まかなゲームの流れです。

・準備

 まずはイカした音楽をかけてください。ノリノリになれるものがいいですね。
 もはや死語では・・・といった突っ込みは却下します。

 その後カードをよくきって、プレイヤーに均等に配ります。
(3~4人プレイの場合1枚取り除きます)
 じゃんけん等で最初に手番を始めるプレーヤーを決定します。


(1)手番プレイヤーは、手札からカードを一枚だけ場に出します。

(2)次のプレイヤーはそのカードを得るか、同じ部位のカードを一枚捨てることで「受け流す」かを選びます。
   
 例えば、上に紹介したカードが場に出されている場合、「ヒザを~」と記載されているカードを捨てることが出来れば次のプレイヤーへ受け流すことが出来ます。
 カードを受け流せない、もしくは得ることを選択した場合、そのプレイヤーは記載された動作をゲーム中ずっと行わなくてはなりません。既に得ているカードが別にある場合、その動作は重複します。

 例:「手を上げる」・「腰を回す」・「ヒザを地につける」を得た場合
ゾンツイ図解1
 こうなるわけです。これをプレイ中ずっと続けます。ただし、
  
 ・手札がなくなったプレイヤーは「あがり」となり動作を止めます。
 ・自分が手札からカードを出したり捨てたりする間は動作を止めても構いません。
  首を回しながらカードを見るのは大変ですからね
 ・同じ部位のカードを得ることになったときは古い方のカードを捨てます。



(3)いずれかのプレイヤーがカードを得た場合、その次のプレイヤーから手番を始めます。

(4)以下の2つのどちらかの状況になったときゲームは終了となります。
  ①ダンスができないとき(物理的に不可能な状態になったとき)
  ②ほかのすべてのプレイヤーの手札がなくなったとき


ゲーム終了の処理

フィーバー☆タイムの始まりです!
 負けたプレイヤーはリズムを取りながら、できあがったダンスを音楽に合わせて踊り続けてください!!
 まわりはそれを盛り上げましょう!
 (踊る時間は15秒程度をオススメしますが、場のノリで適当にやってください。)

 もし、なんらかの事情で準備段階で音楽を流すことが難しい場合、皆で歌う歌に合わせてで構いません。



 以上、ゾンビツイストの基本的なゲームの流れについてご説明させていただきました。
 特殊な効果をもつ数枚のカードについては、次回説明させていただく予定です。

 それではでは。