哀愁旅館きたぐに

2017年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年05月
TOP萌札 ≫ 「萌札」ルール解説漫画の補足

「萌札」ルール解説漫画の補足

みなさんこんにちは。哀愁旅館きたぐに、blog担当のさくらです。

今回は、以前投稿したルール解説漫画について細かい点を補足します。
(漫画はこちらの記事からご覧いただけます。)

Q1.親はなぜ扇で目隠ししているの?
A.場に出された組み合わせをどちらの子が作ったかわからないようにするためです。所持賭け銭が少ない方をわざと勝者に選ぶ、といったような賭け銭の操作をできないようにし、純粋に場に出された組み合わせの内容で判断してもらうためのルールです。子の2人も札を場に出すときは、自分が出した札だとわからないように、少し離れた場所に置きましょう。

Q2.めくる順番って勝敗に関係あるの?
A.順番によって親に与える印象が変わります。漫画に登場した「幼馴染」「巨乳」「ちょんまげ」の組み合わせも、「ちょんまげ」を最初にして「巨乳」を3枚目にすれば、「巨乳」のイメージが親に強く残り、「ちょんまげ」のインパクトも多少は薄まっていたかもしれません(あくまで多少ですが)。基本的には最も強調したい要素を3枚目にすると盛り上がると思います。

Q3.「萌え」って叫んでるのは誰?
A.親以外の参加者です。親が札をめくり判定を下すまでの間、親以外の参加者は判定に影響を与えないよう発言を禁止されます。唯一発声を許されているのが「萌え」の一語です。札がめくられ新たな萌え要素が明らかになったら、積極的に「萌え!」と叫んで場を盛り上げていきましょう。

Q4.ぶっちゃけ「ちょんまげ」の方が「裸Yシャツ」より萌えるんだけど
A.親の判定は絶対です。上記の通り親以外の参加者が判定に意見することは禁止されています。親は「こっちの方が萌える」と思った組み合わせを自信を持って選びましょう。判定と一緒に選んだ理由も説明できるとよいでしょう。


補足は以上です。ゲームの主眼は、生み出された萌え要素の組み合わせに萌えたり笑ったりして楽しんでいただくことです。ですからルールもそこまで複雑なものではありません。一度プレイしてみればすぐに理解していただけると思います。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL